はじめての方の体入説明

体入について

「働き方改革」が叫ばれていますが、キャバクラで働いている女性にとっては「今更」な話です。
効率よく働くことなど、キャバクラで働いている女性にとっては当たり前の話。

だからこそ、キャバクラは稼げるんです。

では具体的に、キャバクラでのお仕事がどれだけ効率が良いのかOLのお仕事と比べてみましょう。


フルタイムのOLとの比較

OLとナイトワークの比較

2017年の女性の平均年収、ご存じでしょうか?
ズバリ「380万円」です。でもこれ、実は20歳から59歳までの平均。
20代の女性の平均となると319万円と、単純計算しても月額30万円にも届かない数字。

毎朝早起きして満員電車に揺られて出社し、上司やクライアントにあれこれ言われてこの数字は、はっきり言って「少ない」んじゃないでしょうか?
おかげでとにかく日々節約を意識している女性も多いことでしょう。

毎月均等にお給料をもらうとして、年収319万円となれば月給にすればおよそ26万円。
週に2日休めているとしても日給計算にすれば12,000円程度。
ということは、時給にすると8時間労働でも1,500円です。
サービス残業をすれば実質的にもっと時給が下がりますよね。

さらに付け加えると、そもそも「平均年収319万円」という数字に「そんなにもらっていない」と思った女性も多いのでは?
平均値だとどうしても多く年収をもらっている人が数字を引き上げてしまうため、実際には年収319万円もらっている20代女性の方が少ない可能性もあります。

キャバクラでのお仕事


キャバクラは稼げる

キャバクラの場合、時給1,500円のお店を探す方が難しいです。
それはもちろん良い意味ですが、そこまで少ない時給のキャバクラなどめったにありません
例えば池袋キャバクラバイトであれば時給3,000円~4,000円など珍しくもありません。

また、キャバクラは時給がいわば「基本給」で、指名やバックなど、「出来高」もありますので一日数時間しか働いていないものの、先に出たOLの日給以上稼いでいる女の子もたくさんいます。
それこそ一日数時間で日給20,000円~30,000円稼ぐ女の子も珍しくない世界です。

時間こそ何よりの価値があります
「時間が一番の資産」という声もあるほど。
時間は戻ってこないだけに、どのように過ごすのかが大切です。
一日クタクタになりながら働いて日給12,000円程度のフルタイムのOLと、一日数時間働くだけで日給20,000円、30,000円
お金はもちろんですが、「自分の自由な時間」を考えると、OLとキャバクラでは大きな差があることが分かります。