キャバクラで働いたらどんな生活パターンになるの?

生活リズムはどうなる?

キャバクラで働くとどうしても夜型の生活になると思っていませんか。
この点も誤解している女性がとても多いです。
実際、そこまで夜型になっていない女性も多いので生活パターンも知っておきましょう。

キャバクラは夜遅くまで営業していますが限界がある

キャバクラは夜のお店ですが、朝まで営業しているようなお店はありません。
他のジャンルでは朝まで営業しているお店もありますが、キャバクラに関しては終電くらいまでの営業が一般的です。
風営法によって定められているので、朝までの営業はできないのです。
そのため、「夜のお店」であっても昼夜が逆転するほどではないのです。ただし、女の子次第な面があるのも事実です。

キャバクラでの働き方次第

キャバクラで働いている女の子は大きく分けるとキャバクラだけで働いている子と、昼間は他のお仕事をしている子<がいます。
他のお仕事をしながらお小遣い稼ぎにキャバクラで働いている女の子の場合、次の日も朝起きるので生活パターンは一般的な女の子とそう変わりはありません。

終電で帰宅できるキャバクラもありますし、翌朝起きるので生活のリズムが崩れません。
一方、キャバクラだけで働いている女の子は様々です。
基本的には夕方からのお仕事になるので、それまで寝ている女の子もいれば、昼間は買い物など自分の時間を過ごしてから仕事にやってくる女の子もいます。
完全な夜型の生活を送っている女の子ばかりを想像している人にとっては意外かもしれませんが、女の子によって健全な生活パターンを送っている子もたくさんいるんです。

 

キャバクラでも働き方次第で生活は変わる

働き方を選ぶのは自分だからこそ

どのような生活パターンになるのかは自分がどのような形で、キャバクラで働くかによって変わります。
お店によって終電で帰宅できるのか、それとも閉店までいるのかで変わるため、自分が納得して働けるお店を探すためにも業界特化の求人サイトがオススメです。
細かい条件での検索が可能なので、自分が求めているキャバクラを見つけられるはずです。