キャバクラで働くデメリットは?

デメリットについて

キャバクラで働くデメリットも確認しておいた方が良いでしょう。
メリットだけではなくデメリットも踏まえた上で選ぶことで後悔も生まれません。

働いていることを知られたくない

キャバクラで働くデメリットは「バレたらどうしよう」という心理が挙げられます。
決して悪いことをしている訳ではないものの、女の子としては「キャバクラで働いていることは誰にも知られたくない」との気持ちもあることでしょう。
特にダブルワークとしてキャバクラで働いている女の子は本業関係者にはバレたくないものです。
その気持ちを常に持ち続けなければならない点はデメリットのひとつです。

金銭感覚が狂う点もデメリット

キャバクラは他のお仕事と比べてお給料の良いお仕事なので、金銭感覚が狂う女の子も多いです。
10,000円の買い物など、普通の女の子にとっては大金でもキャバクラで働いている女の子にとっては「少し働けば手に入るお金」です。
浪費癖が付いてしまったというケースもあり、コツコツと貯金している女の子も多いですが、お給料を豪快に使っている女の子もいます。
その場合どうしても金銭感覚が狂っていくので、周囲の友人とも次第に話が合わなくなり、キャバクラを辞めた後になかなか金銭感覚が戻らないと嘆くケースも見られます。

 

周りとの時間にずれが出る

友人と時間を合わせにくくなる

キャバクラは夜働くことになりますので、他の友人と時間を合わせにくくなります。
一般的には昼間働いた後、夕方から夜が自由な時間です。
週末の夜ともなれば友達との時間を楽しみたいと思うものですが、他の友人が仕事が終わった頃から働き始めますので時間の調整が難しくなります。

このように、いくつかデメリットはありますが選ぶお店によってはデメリットを最小限に抑えることもできます。
そのためにもまずはお店選びが大切で、一般的な求人サイトよりも業界特化の求人サイトがオススメです。
働く女の子の知りたいことを掲載してくれているので、応募の段階で安心感があります。